具体的な取り組み


高等教育コンソーシアムにいがたについて

 平成20年度文部科学省戦略的大学連携支援事業に採択された「共生型大学連携による新潟県の人材確保・養成の短期的・包括的施策による地域貢献」において、新潟県内の高等教育機関が地域の知の拠点として、地域貢献、教育研究水準のさらなる高度化、個性・特色の明確化、高等教育機関運営基盤の強化等を図ることを目的とし、高等教育機関間の積極的な連携を推進してきた。 これまでの取組を生かし、それぞれの高等教育機関が自らの質(魅力)向上に努めるために、「スケールメリット」をいかした事業展開により、「個の大学力の向上」と「地域貢献」を果たすことが必要である。 また地域社会・産業・高校などにとって、また高等教育機関同士にとっても、分かり易い高等教育機関の入り口(窓口)として、コンソーシアムを有効に機能させる必要がある。なお、最大の「地域貢献」は保護者から預かった学生を、しっかりと育てて社会に送り出すことであり、そのためにコンソーシアムの形成によって、各高等教育機関が不足している点を相互に補完することが可能となり、ひいては新潟県の高等教育機関全体および地域産業の活性化につながるものと考える。 このことにより、新潟県下の全ての高等教育が共生型連携を図ることで、高等教育機関が知の拠点として、行政をはじめとする関係機関や市民の理解と協力を得ながら、地域社会への貢献を果たすことを目的に、「高等教育コンソーシアムにいがた」を設立するものである。