最新のニュース > 公開講座開催報告『東日本大震災における津波のメカニズムと特徴』
2011/07/11

公開講座開催報告『東日本大震災における津波のメカニズムと特徴』

6/19(日)に長岡造形大学にて、
『東日本大震災における津波のメカニズムと特徴』
という演題で公開講座を開催いたしました。
当日は、新潟県内各所からお越しの22名の方にご参加いただきました。

開催日時
6月19日(日)13:30~15:30
講師

日本歯科大学新潟短期大学 阿部 邦昭 教授
講座概要
東日本大震災は2011年3月11日に東北地方太平洋沖で発生したマグニチュード9.0の地震が引き起した災害ですが、大部分は津波によるものです。津波は痕跡調査によるとその高さは最大で35m、湾の奥でも10-15mと堤防を超す高さになって市街地を壊滅状態にし、2万を越す犠牲者を出しました。この津波に対して、検潮記録と痕跡調査のデータを使って、そのメカニズムと特徴について語ります。